会社沿革

昭和21年 1月 東京都板橋区小豆沢にて創業。
各種工作機器部品、自動車部品、ゲージ類および水道器具部品の制作を手掛ける。
昭和29年 3月 正和製作株式会社(正和機器産業株式会社)を設立。
資本金200万円。
昭和30年 11月 資本金400万円。
板橋区小豆沢に第二工場を開設。
昭和34年 3月 横浜ゴム株式会社とセルフシーリング・カップリングの製造について協定を結ぶ。
4月 資本金800万円。
昭和37年 5月 資本金1,600万円。
10月 埼玉県大宮市に新工場用地(30,000㎡)を取得。
昭和39年 3月 資本金2,400万円。
6月 潤滑給油装置の販売会社である正和油機販売株式会社(正和油機株式会社)に資本参加。
同月 通商産業大臣より昭和39年度輸出貢献企業として表彰。翌年同表彰。
昭和40年 3月 大阪営業所開設。
昭和41年 4月 名古屋営業所開設。
昭和42年 3月 大宮工場第一期建設工事完成。操業開始。
昭和43年 1月 大宮工場第二期建設工事(計9,200㎡)完成。
昭和44年 3月 資本金4,800万円。
6月 福山営業所開設。
昭和45年 4月 金沢営業所開設。
8月 東京営業所開設。
昭和46年 4月 東京都豊島区東池袋に本社屋建設用地(502㎡)取得。
昭和47年 4月 商号を正和機器産業株式会社に変更。
6月 資本金9,600万円。
昭和48年 2月 資本金14,400万円。
11月 台湾に代理店開設。
昭和53年 9月 香港に代理店開設。
11月 横浜営業所開設。
昭和54年 3月 本社ビルを東京都豊島区東池袋に竣工。本社部門を同ビルに移転。
昭和56年 3月 アメリカに代理店開設。
昭和60年 12月 大宮工場新事務棟(2階建、310㎡)竣工。
平成2年 3月 第二工場跡地に正和小豆沢ビル(地上3階、1,760㎡)竣工。
平成3年 3月 生産設備の近代化を図る。資本金17,280万円。
平成11年 4月 正和油機株式会社と合併して、「株式会社 正和」と社名変更。
本社を板橋区小豆沢に移転。資本金10,000万円。
5月 ISO9001承認取得(大宮工場)。
平成14年 10月 台湾正和油機股份有限公司設立(海外法人)。
平成15年 8月 冷却デバイス事業部新設。
平成19年 8月 油圧事業部新設。
平成21年 11月 上海正和潤滑机機有限公司(海外法人)。
平成24年 10月 ISO14001承認取得(大宮工場)。